このページの本文へ

このページの位置:Home > 教員・研究室紹介

教員・研究室紹介

情報系でカバーする研究領域は理論から応用、ソフトウェアからハードウェアまで多岐に及んでいます。研究成果の一部を島根大学学術情報リポジトリ「SWAN」で公開しています。

顔写真
Riaz-Ul-Haque Mian 助教

E-Mail
riaz@cis.
*メールを送る場合は、E-Mailアドレスの末尾に shimane-u.ac.jp を追加下さい。
Tel
-
URL
-
オフィスアワー
前期 金曜日 9:30~12:00
後期 金曜日 14:30~18:30

Decimal Computing, Hardware Reliability and Security, VLSI Design and Test

研究のイメージ

1. Decimal Computing: Software-Hardware Co-design and its Evaluation Framework for Decimal Computing.

The binary arithmetic causes some unexpected errors that changes the actual value of the exact result. Thus, many applications involving decimal data are forced to perform their arithmetic either entirely in software or decimal floating-point hardware. Decimal arithmetic using software is slow for very large-scale applications. On the other hand, when hardware is employed, extra area overhead is required. This work is a balanced strategy with software-hardware co-design and its evaluation framework. more..

2. Hardware Reliability and Security: Hardware Trojan Detection by Learning Power Side Channel Signals.

Due to the globalization and complexity of the supply chain, there is a growing concern about the insertion of hardware Trojan circuits into semiconductor integrated circuits. This work propose a method to detect hardware Trojan circuits by learning side-channel signals.

3. VLSI Design and Test: Wafer-level Variation Modeling for Multi-site Testing.

Wafer-level performance prediction has been attracting attention in order to reduce measurement cost without compromising test quality in production test. There are several efficient methods for site-to-site variation, which is often observed in multi-site testing for RF circuits, still has not been sufficiently handled yet. This work focuses on wafer-level performance prediction method for multi-site testing.

▲ページトップへ

顔写真
會澤邦夫 教授

E-Mail
aizawa@cis.
*メールを送る場合は、E-Mailアドレスの末尾に shimane-u.ac.jp を追加下さい。
Tel
0852-32-6475
URL
-
オフィスアワー
前期 メールで空き時間帯を問い合わせてください
後期 メールで空き時間帯を問い合わせてください

DNA計算などに代表される新しい計算モデルの研究を行っています。

研究のイメージ

コンピュータの基礎理論について「計算モデル」に焦点をあてた研究を行っています。コンピュータは日進月歩のように見えますが、実は原理的には60年以上前のものとまったく変化していません。コンピュータの「原理」を表す「計算モデル」として昔からチューリング機械がよく用いられています。このモデルはコンピュータの発明以前から考えられていました。従って計算モデルの研究には新しい原理に基づくコンピュータの予測という側面もあるのです。そこでDNA計算、P-System等の新しいコンピュータの形に相当する計算モデルを研究対象とし、今後の次世代コンピュータを開発する礎となる基礎研究を目指しています。

▲ページトップへ

岩見宗弘 准教授

E-Mail
munehiro@cis.
*メールを送る場合は、E-Mailアドレスの末尾に shimane-u.ac.jp を追加下さい。
Tel
-
URL
http://www.cis.shimane-u.ac.jp/~munehiro/
オフィスアワー
前期 水曜日 16:15~17:45
後期 水曜日 16:15~17:45

項書換えシステム、プログラミング言語、定理自動証明、プログラム検証・合成・変換

等式による推論は、定理自動証明、関数・論理型プログラミング言語など計算機科学の様々な分野で広く使われています。これらの等式による証明をリダクションにより効率的に実現するための基礎が書換えシステムの理論です。本研究室では、書換えシステムの様々な性質の解析を通じて、プログラミング言語の基礎的研究を進めています。

▲ページトップへ

顔写真
神谷年洋 教授

E-Mail
kamiya@cis.
*メールを送る場合は、E-Mailアドレスの末尾に shimane-u.ac.jp を追加下さい。
Tel
-
URL
http://www.toshihirokamiya.com/
オフィスアワー
-

ソフトウェア解析でスーパー開発者に

コンピュータおよびそれを動かすソフトウェアは、 それなしでは現代の生活が成り立たないほどに社会に組み込まれています。 信頼性が求められる一方で、人が1行づつ書いていくハンドメイドの製品 という側面もあります。

ソフトウェアの機能の高度化・応用範囲の拡大・開発手法の進歩に伴って ソフトウェアの記述も巨大で複雑 なものになっています(数百万行、 数千万行のソースコードからなるソフトウェアもあります)。 現在の開発ではさらに、 1つのソフトウェアが何層もの意味論(ルール)によって構成され ます。 例えば、コンピュータのハードウェアが理解する機械語、それを抽象化したバイトコード、 ソースコード、データを扱うための言語や記法(SQLやJson)、ユーザーインターフェイスなど。

このような巨大で複雑で複数の意味論の階層により構成されるソフトウェアを開発し保守することは、 高度な知的作業であり、時に困難なタスクになります。 (例えば、有名なソフトウェアであっても、不具合の修正に何年もかかることがあったりします。)

神谷研究室の研究テーマは、 ソフトウェアをその意味論に基づいて解析する 手法を提案し、 ソフトウェアの開発や保守のためのタスクを、ソフトウェア開発者がより簡単に、 より素早く達成できるようにすることを目的としています。

▲ページトップへ

顔写真
神崎映光 教授

E-Mail
kanzaki@cis.
*メールを送る場合は、E-Mailアドレスの末尾に shimane-u.ac.jp を追加下さい。
Tel
-
URL
http://www.zakilab.net/
オフィスアワー
前期 木曜日 14:30~16:00
後期 木曜日 12:45~14:15

センサデータを利活用するデータ管理・ネットワーク基盤技術

私たちが生活している実世界で起こっているモノ・コトを計算機が理解するためには、監視カメラや気象センサといったさまざまなセンサデバイスから取得できる情報(センサデータ)が必要になります。最近は、デジタル家電やスマートフォンなど、皆さんの身近にあるさまざまな機器にもセンサデバイスが搭載されるようになり、それらのセンサデータをネットワークを介して容易に交換できるようになりました。これら多種多様なセンサデバイスから収集した膨大な量のセンサデータを有効利用し、実世界で起こっているモノ・コトを、計算機上で素早くかつ正確に把握できるようになれば、省エネ・遠隔見守り・防犯・自然災害の被害軽減など、私たちの生活をより安心で快適にするサービスやシステムが実現可能になります。

神崎研究室では、このような社会の実現を目指した研究として、センサデータ特有の特性を考慮したデータ管理技術や、センサデータの共有を効率的に行うためのネットワーク基盤技術について研究を進めています。

▲ページトップへ

顔写真
酒井達弘 助教

E-Mail
sakai@cis.
*メールを送る場合は、E-Mailアドレスの末尾に shimane-u.ac.jp を追加下さい。
Tel
-
URL
https://researchmap.jp/sakai.hcu
オフィスアワー
-

データマイニング、機械学習、深層学習

研究のイメージ

ビッグデータの役割や社会に与える影響は年々大きくなっており、ビッグデータから有益な情報を分析・予測するための技術開発が求められています。本研究室では、機械学習やデータマイニングを用いたビッグデータ分析に関する研究に取り組んでいます。具体的には以下のようなテーマについて研究しています。

【1.ソーシャルメディア上のデータを活用した実世界情報の分析に関する研究】ソーシャルメディア上のユーザは、実世界で実際に発生した事象について情報発信をしています。ソーシャルメディア上のデータを活用し、防災や観光情報などに役立つ情報を抽出するための研究に取り組んでいます。特に、時間情報と位置情報が付与されたデータに注目し、実世界情報の時空間上での分析手法を開発しています。例えば、台風、大雨や大雪など自然災害の状況を伝えるデータを活用することで、自然災害の場所や時間変化の分析が可能になります。

【2.ビッグデータ分析の高性能化に関する研究】スマートフォンやIoTデバイスの急速な普及により、ソーシャルデータや時系列データをはじめとしたデータは日々大量に生成されています。このように大規模化していくデータを効率よく処理し、高速に分析結果を得るための技術開発は重要な研究課題となっています。そこで、ビッグデータ分析のための高速かつ高精度なアルゴリズムの開発、並列処理による高速化を行っています。特に、クラスタリングなどの機械学習手法を対象に、グリッド分割を用いた効率的なアルゴリズムの開発、データ分割並列化による処理の高速化を行っています。

▲ページトップへ

顔写真
坂野鋭 教授

E-Mail
sakano@cis.
*メールを送る場合は、E-Mailアドレスの末尾に shimane-u.ac.jp を追加下さい。
Tel
0852-32-6559
URL
http://www.kecl.ntt.co.jp/as/members/keen/index.html
オフィスアワー
-

統計的人工知能研究室

今回のAIブームはブームでは終わらず,人工知能の時代が来ると言われています.とはいえ,現在の人工知能の正体は統計解析技術による情報処理に他なりません.本研究室では統計的手法を工学的に応用して行く事で人間の生活や仕事を快適にする技術の開発を目指しています.具体的には以下の様なテーマについて研究しています.

1.統計的機械学習技術.学習データに基づいて各種の判断や予測をする機械.また,その機械の動作や非常に高次元のデータを可視化するための,主として理論的な研究を行っています.

2.生体認証技術.統計的機械学習技術の応用として,人間の生体情報から個人を特定する生体認証技術の研究を行っています.とはいっても,指紋や虹彩の様にすぐに実用になる物ではなく,耳や手形状等の新しい生体特徴の性質の解明を目指しています.

3.人工知能の哲学.そもそも人工知能とは何でしょうか? いえ,それ以前に知能とは何でしょうか? こうした根源的な疑問について考察を重ね,人類の文明がどのように変わって行くかを研究します.

▲ページトップへ

白井匡人 助教

E-Mail
shirai@cis.
*メールを送る場合は、E-Mailアドレスの末尾に shimane-u.ac.jp を追加下さい。
Tel
-
URL
-
オフィスアワー
前期 月曜日 16:15~17:45
後期 月曜日 16:15~17:45

データサイエンス、機械学習

現代の社会には人手によって処理しきれない膨大な情報が溢れています。近年ではビッグデータの活用が多く試みられているように、大規模なデータ集合からの情報・知識の抽出手法が注目されています。特に日々増加するストリームデータといったリアルタイムな情報源を扱える高速で効率的な手法が求められています。
本研究室では、機械学習手法を基にデータの解析・解釈を行います。これにより、テキストや画像・音声といった多種多様なデータからの知識獲得を行います。

▲ページトップへ

顔写真
伯田恵輔 講師

E-Mail
hakuta@cis.
*メールを送る場合は、E-Mailアドレスの末尾に shimane-u.ac.jp を追加下さい。
Tel
-
URL
-
オフィスアワー
前期 金曜日 14:30~16:00
後期 月曜日 10:15~11:45

暗号数理(特に,計算アフィン代数幾何・計算整数論)

暗号理論は情報セキュリティの中でも重要な基盤技術の一つと位置付けられています。セキュリティを確保する上で不可欠な技術に公開鍵暗号があり,その安全性は,数学的な計算問題(素因数分解問題,離散対数問題など)の計算量的困難性に支えられています。もし仮にこれらの数学問題を解く効率的なアルゴリズムが発見されると,この問題に基づいて構成された暗号方式は安全ではありません。また,公開鍵暗号の計算は処理が非常に重い数学計算を利用します。そのため,公開鍵暗号の分野における主要な研究テーマとして,数学計算を高速化すること,数学問題の安全性を評価すること,が挙げられます。本研究室では,数学の代数幾何や整数論に基づいて,公開鍵暗号における数学計算の高速化や数学問題の安全性の評価を中心に研究を進めています。

▲ページトップへ

顔写真
平川正人 教授

E-Mail
hirakawa@cis.
*メールを送る場合は、E-Mailアドレスの末尾に shimane-u.ac.jp を追加下さい。
Tel
-
URL
http://www.cis.shimane-u.ac.jp/~hirakawa/
オフィスアワー
前期 火曜日 10:15~11:45
後期 火曜日 8:30~10:00

コンピュータ及びメディアの高次利用を目指した人間中心システム構築

研究のイメージ

携帯電話やデジカメを使って画像や映像などの記録、再生が手軽に楽しめるようになっています。そのような様々なメディアを使いこなす能力が求められるようになる一方で、人間がコンピュータを思い通りに使いこなせるような仕組みが必要となります。平川研究室では、人間の視点に立ち、人間にとって自然なコンピュータの姿を探し求めて研究を行なっています。PCに使われるのではなく、更にいえばPCの存在そのものを気にかけることなく作業できるような仕掛けの開発に取り組んでいます。

具体的には、水に浸けた手指などを動かすことでシステム操作ができるようにすること、マットの上を歩いたときの圧力分布データから姿勢や感情を推定すること、また仮想と現実を融合する拡張現実感(AR)と呼ばれる技術などについて研究を進めています。詳しくは上記に掲げたホームページをご覧ください。

画面を覗き込みながらコンピュータを操作するスタイルは、近い将来、消えてなくなるに違いありません。ユーザインタフェースとマルチメディアの両面から、しかもソフトウェア及びハードウェアの技術を組み合わせることで、新たな仕組みの創造を目指しています。

▲ページトップへ

顔写真
廣冨哲也 准教授

E-Mail
hirotomi@cis.
*メールを送る場合は、E-Mailアドレスの末尾に shimane-u.ac.jp を追加下さい。
Tel
-
URL
-
オフィスアワー
前期 水曜日 12:45~14:15
後期 水曜日 12:45~14:15

障がい者・高齢者を支援するICT~スマート・アシスティブ・テクノロジ~

研究のイメージ

廣冨研究室では、ICT(情報通信技術)により障がい者や高齢者の暮らしを豊かにすることを目指して、コンピュータ理工学、医学、看護学、福祉学等の分野にまたがる研究開発に挑戦しています。介護老人保健施設、特別支援学校、医療機関、福祉施設等と協力関係にあるため、研究室に配属された学生は、現場を訪問してニーズを把握した上で研究開発を行い、障がい者や高齢者およびその支援者に成果物を実際に使ってもらう貴重な体験ができます。私達と一緒に研究を通して社会に貢献してみませんか?

▲ページトップへ

森住大樹 助教

E-Mail
morizumi@cis.
*メールを送る場合は、E-Mailアドレスの末尾に shimane-u.ac.jp を追加下さい。
Tel
0852-32-6842
URL
http://www.cis.shimane-u.ac.jp/~morizumi/
オフィスアワー
前期 水曜日 16:30~18:00
後期 水曜日 16:30~18:00

アルゴリズム、計算量理論

コンピュータの計算能力を用いて解決したい課題などは"問題"という用語で呼ばれます。コンピュータによって問題を解くために必要となる計算手順のことである"アルゴリズム"と、問題の本質的な難しさの程度や計算そのものの解明を目指す"計算量理論"の分野で研究を行っています。一例を挙げますと、計算量理論の分野では特に回路計算量について研究を行っています。論理回路はチューリング機械と同じようにコンピュータの計算モデルの中で代表的な一つであり、論理回路の素子数や段数はコンピュータの計算時間などとの深い関係が知られており、その研究はP対NP問題をはじめとする計算の根本に関わる多くの重要な未解決問題の解決へとつながっています。

▲ページトップへ

山田泰寛 助教

E-Mail
yamada@cis.
*メールを送る場合は、E-Mailアドレスの末尾に shimane-u.ac.jp を追加下さい。
Tel
-
URL
http://buti.cis.shimane-u.ac.jp/
オフィスアワー
前期 金曜日 10:00~12:00
後期 金曜日 10:00~12:00

情報検索・テキストマイニング・Webマイニング

World Wide Webには膨大な量の情報が溢れており、世界中の情報を共有する手段として欠かせないものとなっています。私たちは、Webを使って必要な情報を探します。増え続けるWeb上の情報の中から効率良く必要な情報を探し出す技術、また有用な情報を発見する技術が求められています。本研究室では、検索技術の開発、Webからの知識発見技術の開発を目指しています。

▲ページトップへ