このページの本文へ

このページの位置:Home > 教員・研究室紹介

教員・研究室紹介

情報系でカバーする研究領域は理論から応用、ソフトウェアからハードウェアまで多岐に及んでいます。大講座制をとっており、「応用情報学講座」「計算機科学講座」に所属するそれぞれの教員が独立して研究を進めています。その柔軟性から、社会のニーズに応じて設定されたテーマに、関係する研究分野の教員が連携して問題解決に取り組む、軽快なフットワークが生まれます。同時に、ソフトウェアあるいはハードウェアだけで無理やり問題を解決しようとするのではなく、システムとして完成度の高い成果を実現することができます。
研究成果の一部を島根大学学術情報リポジトリ「SWAN」で公開しています。

顔写真
會澤邦夫 教授

所属
応用情報学講座
E-Mail
aizawa@cis.
*メールを送る場合は、E-Mailアドレスの末尾に shimane-u.ac.jp を追加下さい。
Tel
0852-32-6475
URL
http://www.aizawalab.org/
オフィスアワー
前期 木曜日 14:30~16:00
後期 火曜日 14:30~16:00

四分木などを用いた画像処理の研究およびDNA計算などに代表される新しい計算モデルの研究を行っています。

研究のイメージ

ディジタル画像のように空間に散らばったデータから意味を抽出する研究として、画像処理の研究を行っています。これは木構造またはグラフ構造によって空間情報を取りまとめていくことによって、より高速に空間データを解析するものです。具体的には隣接領域の探索、連結成分の抽出、空間データの集合演算などが挙げられます。これらの操作はいずれも様々な応用分野があり、産業界からも注目されています。また、コンピュータの基礎理論について「計算モデル」に焦点をあてた研究を行っています。コンピュータは日進月歩のように見えますが、実は原理的には50年以上前のものとまったく変化していません。コンピュータの「原理」を表す「計算モデル」として昔からチューリング機械がよく用いられています。このモデルはコンピュータの発明以前から考えられていました。従って計算モデルの研究には新しい原理に基づくコンピュータの予測という側面もあるのです。そこで量子計算、DNA計算等の新しいコンピュータの形に相当する計算モデルを研究対象とし、今後の次世代コンピュータを開発する礎となる基礎研究を目指しています。

卒業研究・特別研究のテーマはこちら

▲ページトップへ

岩見宗弘 准教授

所属
計算機科学講座
E-Mail
munehiro@cis.
*メールを送る場合は、E-Mailアドレスの末尾に shimane-u.ac.jp を追加下さい。
Tel
-
URL
http://www.cis.shimane-u.ac.jp/~munehiro/
オフィスアワー
前期 水曜日 16:15~17:45
後期 水曜日 16:15~17:45

項書換えシステム、プログラミング言語、定理自動証明、プログラム検証・合成・変換

等式による推論は、定理自動証明、関数・論理型プログラミング言語など計算機科学の様々な分野で広く使われています。これらの等式による証明をリダクションにより効率的に実現するための基礎が書換えシステムの理論です。本研究室では、書換えシステムの様々な性質の解析を通じて、プログラミング言語の基礎的研究を進めています。

卒業研究・特別研究のテーマはこちら

▲ページトップへ

顔写真
加藤裕一 教授

所属
応用情報学講座
E-Mail
ykato@cis.
*メールを送る場合は、E-Mailアドレスの末尾に shimane-u.ac.jp を追加下さい。
Tel
0852-32-6470
URL
http://www.cis.shimane-u.ac.jp/~ykato/
オフィスアワー
前期 随時対応
後期 随時対応

統計的ラフ集合理論とif-thenルール導出への適用

研究のイメージ
An algorithm for STRIM (Statistical Test Rule Induction Method)

1992年にPawlakにより提案されたラフ集合理論は,決定表と呼ばれるデータベースから評定構造や知識構造を,if-thenルール形式で表現し導出する手法として利用されている。このルール導出法は,識別,診断,決定問題等に利用される。このため決定表からのルール導出原理やその性質,効率的なアルゴリズムに関する多くの考察が報告されている。
 しかしながら従来のルール導出法は,データは既に与えられたものとして,数学的な形式化と論理的な推論法の考察に重点を置いたものが多い。このため実データを扱うために必要なデータ発生機構も含めたモデルの議論がない。そこで本研究室では,データ発生モデルと統計的モデルに基づくルール導出法とそのアルゴリズムSTRIMを提案し,シミュレーションデータ・実データで有効性を検証している。

卒業研究・特別研究のテーマはこちら

▲ページトップへ

顔写真
神谷年洋 教授

所属
大学院総合理工学研究科情報システム学領域
E-Mail
kamiya@cis.
*メールを送る場合は、E-Mailアドレスの末尾に shimane-u.ac.jp を追加下さい。
Tel
-
URL
http://www.toshihirokamiya.com/
オフィスアワー
-

ソフトウェア解析でスーパー開発者に

コンピュータおよびそれを動かすソフトウェアは、 それなしでは現代の生活が成り立たないほどに社会に組み込まれています。 信頼性が求められる一方で、人が1行づつ書いていくハンドメイドの製品 という側面もあります。

ソフトウェアの機能の高度化・応用範囲の拡大・開発手法の進歩に伴って ソフトウェアの記述も巨大で複雑 なものになっています(数百万行、 数千万行のソースコードからなるソフトウェアもあります)。 現在の開発ではさらに、 1つのソフトウェアが何層もの意味論(ルール)によって構成され ます。 例えば、コンピュータのハードウェアが理解する機械語、それを抽象化したバイトコード、 ソースコード、データを扱うための言語や記法(SQLやJson)、ユーザーインターフェイスなど。

このような巨大で複雑で複数の意味論の階層により構成されるソフトウェアを開発し保守することは、 高度な知的作業であり、時に困難なタスクになります。 (例えば、有名なソフトウェアであっても、不具合の修正に何年もかかることがあったりします。)

神谷研究室の研究テーマは、 ソフトウェアをその意味論に基づいて解析する 手法を提案し、 ソフトウェアの開発や保守のためのタスクを、ソフトウェア開発者がより簡単に、 より素早く達成できるようにすることを目的としています。

▲ページトップへ

顔写真
神崎映光 准教授

所属
応用情報学講座
E-Mail
kanzaki@cis.
*メールを送る場合は、E-Mailアドレスの末尾に shimane-u.ac.jp を追加下さい。
Tel
-
URL
http://www.zakilab.net/
オフィスアワー
前期 木曜日 14:30~16:00
後期 木曜日 12:45~14:15

センサデータを利活用するデータ管理・ネットワーク基盤技術

私たちが生活している実世界で起こっているモノ・コトを計算機が理解するためには、監視カメラや気象センサといったさまざまなセンサデバイスから取得できる情報(センサデータ)が必要になります。最近は、デジタル家電やスマートフォンなど、皆さんの身近にあるさまざまな機器にもセンサデバイスが搭載されるようになり、それらのセンサデータをネットワークを介して容易に交換できるようになりました。これら多種多様なセンサデバイスから収集した膨大な量のセンサデータを有効利用し、実世界で起こっているモノ・コトを、計算機上で素早くかつ正確に把握できるようになれば、省エネ・遠隔見守り・防犯・自然災害の被害軽減など、私たちの生活をより安心で快適にするサービスやシステムが実現可能になります。

神崎研究室では、このような社会の実現を目指した研究として、センサデータ特有の特性を考慮したデータ管理技術や、センサデータの共有を効率的に行うためのネットワーク基盤技術について研究を進めています。

▲ページトップへ

白井匡人 助教

所属
応用情報学講座
E-Mail
shirai@cis.
*メールを送る場合は、E-Mailアドレスの末尾に shimane-u.ac.jp を追加下さい。
Tel
-
URL
-
オフィスアワー
前期 月曜日 16:15~17:45
後期 月曜日 16:15~17:45

データサイエンス、機械学習

現代の社会には人手によって処理しきれない膨大な情報が溢れています。近年ではビッグデータの活用が多く試みられているように、大規模なデータ集合からの情報・知識の抽出手法が注目されています。特に日々増加するストリームデータといったリアルタイムな情報源を扱える高速で効率的な手法が求められています。
本研究室では、機械学習手法を基にデータの解析・解釈を行います。これにより、テキストや画像・音声といった多種多様なデータからの知識獲得を行います。

▲ページトップへ

顔写真
鈴木貢 准教授

所属
応用情報学講座
E-Mail
suzuki@cis.
*メールを送る場合は、E-Mailアドレスの末尾に shimane-u.ac.jp を追加下さい。
Tel
0852-32-6473
URL
http://www.cis.shimane-u.ac.jp/~suzuki/
オフィスアワー
前期 月曜日 10:00~12:30
後期 月曜日 10:00~12:30

プログラミング言語の設計や実装の研究

研究のイメージ

我々はC言語やJavaといったプログラミング言語処理系(以下単に「言語処理系」ということにします)の設計や実装に関連する内容の研究を行っています。プログラミング言語がコンピュータシステムを支える重要な要素であることは皆さんご存知の通りです。例えば言語処理系の性能次第で、同じプログラムの実行性能が2~3割違うことがあります。また言語で記述する内容によっては、言語仕様の差異によってプログラムの生産性が数倍違うこともあります。我々はモジュラリティーが高いコンパイラ・インフラストラクチャの研究(上図のCOINSプロジェクト)や、特定記述対象向けの言語についての研究を行ってきました。具体的な研究成果や研究対象は以下の通りです。

  • Intel SSE3のようなメディア処理用SIMD命令向けのコンパイラ最適化
  • Web探索(≠検索)言語
  • 組み込み機器向けの言語処理系や最適化

卒業研究・特別研究のテーマはこちら

▲ページトップへ

顔写真
伯田恵輔 助教

所属
計算機科学講座
E-Mail
hakuta@cis.
*メールを送る場合は、E-Mailアドレスの末尾に shimane-u.ac.jp を追加下さい。
Tel
-
URL
-
オフィスアワー
前期 金曜日 14:30~16:00
後期 月曜日 10:15~11:45

暗号数理(特に,計算アフィン代数幾何・計算整数論)

暗号理論は情報セキュリティの中でも重要な基盤技術の一つと位置付けられています。セキュリティを確保する上で不可欠な技術に公開鍵暗号があり,その安全性は,数学的な計算問題(素因数分解問題,離散対数問題など)の計算量的困難性に支えられています。もし仮にこれらの数学問題を解く効率的なアルゴリズムが発見されると,この問題に基づいて構成された暗号方式は安全ではありません。また,公開鍵暗号の計算は処理が非常に重い数学計算を利用します。そのため,公開鍵暗号の分野における主要な研究テーマとして,数学計算を高速化すること,数学問題の安全性を評価すること,が挙げられます。本研究室では,数学の代数幾何や整数論に基づいて,公開鍵暗号における数学計算の高速化や数学問題の安全性の評価を中心に研究を進めています。

▲ページトップへ

顔写真
浜口清治 教授

所属
計算機科学講座
E-Mail
hama@cis.
*メールを送る場合は、E-Mailアドレスの末尾に shimane-u.ac.jp を追加下さい。
Tel
0852-32-6468
URL
http://www.cis.shimane-u.ac.jp/~hama/
オフィスアワー
前期 月曜日 12:45~14:15
後期 火曜日 12:45~14:15

ハードウェア設計および設計支援技術,論理関数処理技術

研究のイメージ

本研究室では,ハードウェアの設計とその支援技術を中心に応用と基礎に関する研究を行っています.実用面では,新しい設計技法と設計検証をターゲットとして,メモリの特性を生かした新しい回路設計手法を考案して消費電力を減らす技術の研究や,手間のかかる検証工程について,機械学習を使って自動的に検証用のパラメータをチューニングする技術などについて研究を行っています.基礎としては,応用研究で得られた論理関数の操作技術を,大量データの保持や機械学習のアルゴリズムに使う技術の研究を行っています.これからも,基礎技術を計算機の設計や検証など実用につなげていくため研究を展開していきます.

▲ページトップへ

顔写真
平川正人 教授

所属
計算機科学講座
E-Mail
hirakawa@cis.
*メールを送る場合は、E-Mailアドレスの末尾に shimane-u.ac.jp を追加下さい。
Tel
-
URL
http://www.cis.shimane-u.ac.jp/~hirakawa/
オフィスアワー
前期 火曜日 10:15~11:45
後期 火曜日 8:30~10:00

コンピュータ及びメディアの高次利用を目指した人間中心システム構築

研究のイメージ

携帯電話やデジカメを使って画像や映像などの記録、再生が手軽に楽しめるようになっています。そのような様々なメディアを使いこなす能力が求められるようになる一方で、人間がコンピュータを思い通りに使いこなせるような仕組みが必要となります。平川研究室では、人間の視点に立ち、人間にとって自然なコンピュータの姿を探し求めて研究を行なっています。PCに使われるのではなく、更にいえばPCの存在そのものを気にかけることなく作業できるような仕掛けの開発に取り組んでいます。

具体的には、水に浸けた手指などを動かすことでシステム操作ができるようにすること、マットの上を歩いたときの圧力分布データから姿勢や感情を推定すること、また仮想と現実を融合する拡張現実感(AR)と呼ばれる技術などについて研究を進めています。詳しくは上記に掲げたホームページをご覧ください。

画面を覗き込みながらコンピュータを操作するスタイルは、近い将来、消えてなくなるに違いありません。ユーザインタフェースとマルチメディアの両面から、しかもソフトウェア及びハードウェアの技術を組み合わせることで、新たな仕組みの創造を目指しています。

卒業研究・特別研究のテーマはこちら

▲ページトップへ

顔写真
廣冨哲也 准教授

所属
応用情報学講座
E-Mail
hirotomi@cis.
*メールを送る場合は、E-Mailアドレスの末尾に shimane-u.ac.jp を追加下さい。
Tel
-
URL
http://www.cis.shimane-u.ac.jp/~hirotomi/
オフィスアワー
前期 水曜日 16:15~17:45
後期 月曜日 15:30~16:15

障がい者・高齢者を支援するICT~スマート・アシスティブ・テクノロジ~

研究のイメージ

廣冨研究室では、ICT(情報通信技術)により障がい者や高齢者の暮らしを豊かにすることを目指して、コンピュータ理工学、医学、看護学、福祉学等の分野にまたがる研究開発に挑戦しています。介護老人保健施設、特別支援学校、医療機関、福祉施設等と協力関係にあるため、研究室に配属された学生は、現場を訪問してニーズを把握した上で研究開発を行い、障がい者や高齢者およびその支援者に成果物を実際に使ってもらう貴重な体験ができます。私達と一緒に研究を通して社会に貢献してみませんか?

<研究開発に関する最近の受賞歴(指導した/指導している学生が受賞したものも含む)>

卒業研究・特別研究のテーマはこちら

▲ページトップへ

森住大樹 助教

所属
計算機科学講座
E-Mail
morizumi@cis.
*メールを送る場合は、E-Mailアドレスの末尾に shimane-u.ac.jp を追加下さい。
Tel
0852-32-6842
URL
http://www.cis.shimane-u.ac.jp/~morizumi/
オフィスアワー
前期 水曜日 16:30~18:00
後期 水曜日 16:30~18:00

アルゴリズム、計算量理論

コンピュータの計算能力を用いて解決したい課題などは"問題"という用語で呼ばれます。コンピュータによって問題を解くために必要となる計算手順のことである"アルゴリズム"と、問題の本質的な難しさの程度や計算そのものの解明を目指す"計算量理論"の分野で研究を行っています。一例を挙げますと、計算量理論の分野では特に回路計算量について研究を行っています。論理回路はチューリング機械と同じようにコンピュータの計算モデルの中で代表的な一つであり、論理回路の素子数や段数はコンピュータの計算時間などとの深い関係が知られており、その研究はP対NP問題をはじめとする計算の根本に関わる多くの重要な未解決問題の解決へとつながっています。

卒業研究・特別研究のテーマはこちら

▲ページトップへ

山田泰寛 助教

所属
応用情報学講座
E-Mail
yamada@cis.
*メールを送る場合は、E-Mailアドレスの末尾に shimane-u.ac.jp を追加下さい。
Tel
-
URL
http://buti.cis.shimane-u.ac.jp/
オフィスアワー
前期 金曜日 10:00~12:00
後期 金曜日 10:00~12:00

情報検索・テキストマイニング・Webマイニング

World Wide Webには膨大な量の情報が溢れており、世界中の情報を共有する手段として欠かせないものとなっています。私たちは、Webを使って必要な情報を探します。増え続けるWeb上の情報の中から効率良く必要な情報を探し出す技術、また有用な情報を発見する技術が求められています。本研究室では、検索技術の開発、Webからの知識発見技術の開発を目指しています。

卒業研究・特別研究のテーマはこちら

▲ページトップへ

六井淳 講師

所属
計算機科学講座
E-Mail
rokui@cis.
*メールを送る場合は、E-Mailアドレスの末尾に shimane-u.ac.jp を追加下さい。
Tel
-
URL
http://www.cis.shimane-u.ac.jp/~rokui/
オフィスアワー
前期 水曜日 16:15~17:45
後期 水曜日 16:15~17:45

知能情報処理

研究のイメージ

本研究室では、「知能情報処理」を目標に掲げ、パターン認識、学習アルゴリズム、音声認識・合成、音声言語処理、対話理解、画像処理、音楽情報処理、マルチメディア情報処理など、人間界にある自然情報(パターン情報)を人間並に知能的に処理するヒューマンインタフェース、マルチモーダルインタフェースを目指します.そして、人間が日常的に行なっている情報処理能力を機械に与え、人間と対等につき合える人間に優しい機械を目指します.

卒業研究・特別研究のテーマはこちら

▲ページトップへ