このページの本文へ

このページの位置:Home > 大学院情報

大学院情報

自然科学研究科 理工学専攻 知能情報デザイン学コース

教育目標

情報学の基礎から応用までの知識を身につけ,データサイエンス,情報セキュリティ,IoT などの情報技術の活用により,社会的課題の解決や社会からの期待の実現に向けた企画・提案を行うことができる高度技術者・研究者を育成します。本コースでは,情報論理学や計算量理論などにより基礎理論を学び,これらをベースとしてネットワーク,機械学習,システム設計,暗号,プログラミング言語などの中核技術についての原理と応用を習得する科目を展開する形としています。先鋭的な理論に関してはDNA計算,ファジイ・ラフ集合論を,また応用に関しては,福祉,データマイニング,プログラム解析技術を扱う科目を配して,その上で,「情報科学基礎」を設けて多岐にわたる分野を俯瞰できるよう工夫しています。

知能情報デザイン学コースの主な授業

  • 情報科学基礎
  • インタラクションデザイン論
  • モバイルネットワーク
  • 障がい者・高齢者とICT
  • 機械学習理論
  • 知識発見とデータマイニング
  • システム設計技術
  • プログラム解析技術
  • DNAの計算モデル
  • 情報論理学
  • 計算量理論
  • 暗号理論
  • 知識獲得特論
  • ファジィ・ラフ集合理論とその応用
  • プログラミング言語特論
  • 統計的パターン認識論


修了後には、ソフトウェア関連企業を含む情報系・通信系企業や一般企業の情報部門等への就職、博士後期課程への進路が開かれています。


ソフトウェア・ハードウェアのものづくりを実践したい人やそのための理論背景を学び、新たなアイデアや技術を提案したい人の進学をお待ちしています。

▲ページトップへ