このページの本文へ

このページの位置:Home > 情報系カリキュラム

情報系カリキュラム

教育理念

  • 幅広い知識・視野とともに論理的思考能力及び課題探求能力を身につけさせる教育
  • 適切な判断力を持ち合わせた国際性豊かな専門技術者及び教育を含む諸分野で指導的役割を果たせる人材の育成
  • 論理と物理、モデル(形式)とインプリメント(実現)、理論と実験(実証)、理想と現実などの対応づけや両者の機能(はたらき・作用)の差異を埋める方法を論じる素養を身につけさせる教育
  • 問題の発見・分析・解決能力を備えた人材の育成
  • 柔軟な発想力、豊かな表現力を備えた人材の育成
  • 自発性を発揮させ、個性や独創性を育成する教育
  • 実験・実習・演習により座学を補完し、物(ハードウエア・ソフトウエア)作りをする能力を身につけさせる教育

情報系では、教育理念に基づき、コンピュータサイエンスと数理科学の有機的関連性や共通性を基盤として、もの(ハードウェア・ソフトウェア)づくりとこれを支える種々の体系的方法を教育・研究しています。また、社会のニーズを反映するため、情報関連企業や学生に対し調査を行い、継続的に教育内容の点検・改善を行っています。

▲ページトップへ

主な情報系開講科目の時間割

以下の時間割は、1年次は平成28年度入学生、2年次は平成27年度入学生、3年次は平成26年度入学生を対象とした、主に情報系開講科目の時間割です。

科目名は入学年度により異なるため、同時開講や再履修に注意して下さい。詳しくは、「履修の手引き」もしくは「授業科目一覧 授業時間表」を確認して下さい。

以降の説明で用いている「集中講義」および「集中的に開講」は、以下に示すとおり制約・履修手続の方法等が異なりますので、間違えないよう注意してください。また,開講時期に関する掲示などに注意してください.

  • 集中講義
    • 授業科目一覧の曜日・時限の列に「集中」として掲載されている科目。
    • 履修登録の上限単位数(1年次1学期間30単位、2年次以上1学期間25単位)には含まれない。
    • 開講期間決定後に掲示で通知があるので、指定期間に学務課で履修手続きを行う。
  • 集中的に開講
    • 授業科目一覧の曜日・時限の列に「集中的に行う」として掲載されている科目。
    • 履修登録の上限単位数に含まれる.
    • 履修登録期間内にWebシステムによる履修登録を行う。

1年次

プログラミング、ハードウェアとソフトウェアなど、情報系の基礎を学びます。授業は週17コマ程度で、その内、情報系の科目は5、6コマです。情報系だけでなく、数理系の基礎科目についても学ぶことで、情報と数学の有機的関連性や共通性を理解する土台を形成します。

情報システムコース
情報工学コース
教育職員免許状(数学)
教育職員免許状(情報)
 
必修
 
選択必修
 
選択
1年前期時間割
 
1
2
行列と行列式ⅠB
(数理系)
英語ⅠA
初修外国語
(第Ⅱ外国語)
コンピュータサイエンス基礎
3
4
初修外国語
(第Ⅱ外国語)
情報科学C4
実用微分積分学ⅠB
(数理系)
情報処理演習
5
6
(日本国憲法)
(教養育成科目・社会人力養成科目)
微分積分学ⅠB
(数理系)
実用線形代数学ⅠB
(数理系)
7
8
CプログラミングA
数学要論ⅠA
数学要論ⅠB
(数理系)
(島根学)
(COC人材育成コース・必修)
9
10
(スタートアップセミナーA)
(COC人材育成コース・必修)
CプログラミングA
情報数学Ⅰa

【備考】

  • 色つきの枠の科目は、1年次で履修することが望ましい授業科目(卒業要件科目:必修科目、選択必修科目など)です。
  • 上記に示した科目以外に、教養育成科目(入門科目、発展科目、社会人力養成科目)の履修が必要です。
  • 基礎科目の選択必修として、「健康スポーツ」(後期)と芸術文化Ⅰから2単位以上履修する必要があります。教育職員免許状取得希望者は「健康スポーツ」(後期) を履修する必要があります。
  • 「実用微分積分学ⅠB」、「実用線形代数学ⅠB」は、教養育成科目であるので履修するのが望ましいが、他の教養育成科目の履修状況を考慮して履修しても良い。
  • 教員免許には、「日本国憲法」、「教職概論B(前期集中講義)」が必修です。
  • IT産業論」は、集中講義になります。
1年後期時間割
 
1
2
行列と行列式ⅡB
(数理系)
(英語)
(英語)
3
4
実用微分積分学ⅡB
(数理系)

(英語)
(英語)
5
6
コンピュータハードウェア基礎
情報数学Ⅰb
微分積分学ⅡB
(数理系)
実用線形代数学ⅡB
(数理系)
7
8
健康スポーツ
数学要論ⅡA
数学要論ⅡB
(数理系)
JAVAプログラミング
9
10
Cプログラミング応用演習
記号論理学
JAVAプログラミング演習

【備考】

  • 色つきの枠の科目は、1年次で履修することが望ましい授業科目(卒業要件科目:必修科目、選択必修科目など)です。
  • 上記に示した科目以外に、「英語ⅠB」、「英語ⅡA」、「初修外国語(第Ⅱ外国語)」、教養育成科目(入門科目、発展科目、社会人力養成科目)の履修が必要です。
  • 「実用微分積分学ⅡB」、「実用線形代数学ⅡB」は、教養育成科目であるので履修するのが望ましいが、前期に実用微分積分学Ⅰ、実用線形代数学Ⅰの単位を取得した学生の場合、他の教養育成科目の履修状況を勘案して最終的な履修科目を選択すること。
  • 教育職員免許状取得希望者は「健康スポーツ」を履修する必要があります。
  • ITシステム開発論」は,集中講義になります.

▲時間割トップへ

2年次

情報系の本格的な学習が始まり、専門的な内容について学びます。

情報システムコース
情報工学コース
教育職員免許状(数学)
教育職員免許状(情報)
 
必修
 
選択必修
 
選択
2年前期時間割
 
1
2
情報数学Ⅱ
コンピュータサイエンス講究
(理工特別コースのみ履修可)
アルゴリズムとデータ構造
3
4
データベースの設計と開発
オペレーティングシステム
英語ⅡB
5
6
システム創成プロジェクトⅠ
ソフトウェア工学
(数学科教育法概説)
(教職に関する科目)
情報数学Ⅰa
(再履修)
計算機アーキテクチャⅠ
7
8
(理工専門英語セミナーⅠ)
(理工特別コース・専門教育科目)
情報と産業・社会
(Rubyプログラミング)
(発展科目)
9
10

【備考】

  • 時間割にあげられている教職に関する科目は、免許状の種類によって必修、選択必修、選択が変わるため、履修の手引きを参照すること。
2年後期時間割
 
1
2
情報システムと職業倫理
JAVAプログラミング
(再履修)
3
4
情報数学Ⅲ
オートマトンと計算理論
コンピュータネットワーク
5
6
計算機アーキテクチャⅡ
7
8
マルチメディア工学
(理工専門英語セミナーⅡ)
(理工特別コース・専門教育科目)
計算機工学実験A
(7~9時限)
9
10
システム創成プロジェクトⅡ
(情報システムコースのみ履修可)
計算機工学実験A
(7~9時限)

▲時間割トップへ

3年次

2年次で学習した内容についてより詳しく学びます。卒業に必要な数以上に履修している学生も多くいます。

後期は「コンピュータサイエンス研究実習」において、卒業研究の配属があります。ユニークな研究領域を有する教員の指導のもとで、研究者としての第一歩を踏み出します。

情報システムコース
情報工学コース
教育職員免許状(数学)
教育職員免許状(情報)
 
必修
 
選択必修
 
選択
3年前期時間割
 
1
2
基礎データ構造演習
応用情報学特論II
言語処理系
3
4
数値計算法
5
6
ソフトウェア工学
(道徳教育指導論)
(教職に関する科目)
(数学科教育法特講Ⅰ)
(教職に関する科目)
7
8
計算機システム実験
(7~9時限)
CプログラミングA
(3年以上再履修)
情報と産業・社会
情報システム創成演習
(3年以上再履修)
9
10
計算機システム実験
(7~9時限)
人工知能
ソフトウェア工学入門
(3年以上再履修)

【備考】

  • プログラミング言語」は、集中開講になります。
  • Cプログラミング基礎演習(3年以上再履修)」、「コンピュータサイエンス基礎演習(3年以上再履修)」、「JAVAプログラミング演習(3年以上再履修)」は、集中的に開講になります。
  • 「応用情報学特論II」は、毎年10月初頭に実施していた卒業研究配属説明会に代わり、本科目で各研究室の研究内容紹介を行うため履修することを強く薦めます。
  • 時間割にあげられている教職に関する科目は、免許状の種類によって必修、選択必修、選択が変わるため、履修の手引きを参照すること。
3年後期時間割
 
1
2
コンピュータセキュリティ
情報システムと職業倫理
ヒューマン・コンピュータ・インタラクション
(3年以上再履修)
システム創成ワークショップ
3
4
シミュレーション工学
5
6
(数学科教育法特講Ⅱ)
(教職に関する科目)
並列・分散システム
(数学科教育法特講Ⅲ)
(教職に関する科目)
7
8
コンピュータサイエンス研究実習(情報システムコース)
コンピュータサイエンス研究実習(情報工学コース・理工特別コース)
(7~9時限)
9
10
コンピュータサイエンス研究実習(情報システムコース)
コンピュータサイエンス研究実習(情報工学コース・理工特別コース)
(7~9時限)

【備考】

  • Cプログラミング応用演習(3年以上再履修)」は、集中的に開講になります。
  • コンピュータサイエンス研究実習(必修)」は、通常の講義として開講されますが、開講時期については掲示に注意してください。
  • 時間割にあげられている教職に関する科目は、免許状の種類によって必修、選択必修、選択が変わるため、履修の手引きを参照すること。

▲時間割トップへ

4年次

これまでに学んだ情報系の基礎から応用までをベースに、卒業研究では誰も答えを知らない問題に挑戦します。1年を通じて取り組むことで、技術的な解を見つける力、新たな概念を生み出す力を磨きます。

各研究室のこれまでの卒業研究・特別研究のテーマはこちらのページです。

情報システムコース
情報工学コース
教育職員免許状(数学)
教育職員免許状(情報)
 
必修
 
選択必修
 
選択
4年前期時間割
 
1
2
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
3
4
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
5
6
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
7
8
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
9
10
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
4年後期時間割
 
1
2
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
3
4
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
5
6
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
7
8
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
9
10
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)
卒業研究(情報システム)
卒業研究(情報工学)

▲時間割トップへ

▲ページトップへ

成績評価

通常講義における1単位とは、15時間の授業と30時間の自学・自習の勉強に対し与えられるべきものであるとされています。履修科目の単位を取得するためには、講義時間90分に対して予習90分復習90分の勉学が必要です。講義にただ出席しただけでは単位取得に必要な学力は得られません。現在では、卒業後社会に出た際、大学で受けた教育を身に付け応用できるかが評価される時代となっているため、期末試験、中間試験、授業時間に実施される小テスト、レポート、受講態度などを考慮して、多様的・多元的な方法により、授業担当教員は学生の単位取得についての合格・不合格について厳格な判断を行います。

厳格な成績評価とは、評価を厳しくし、単位の取得を難しくするといった制度ではありません。情報系コースの教育の理念・目的及び目標を達成するという共通認識の下に策定した、各授業科目の学習・教育目標達成度の評価基準をもとに、成績の評価を行います。各授業科目に定められた学習・教育目標は、みなさんの勉学意欲を高め学習効果を上げることを目的としたものです。評価方法については、シラパスに明示していますから,履修に当たってはよく確認してください。また、情報系コースの開講科目の単位を修得するには,実験・演習・実習などでの報告書(レポート)の作成などの日常の努力はもちろんのこと,講義科目についても予習・復習をきちんとして講義を受ける態度が望まれます。

学習は授業だけで成り立つものではなく,各自の準備学習及び復習が当然必要となり、こうした時間の確保のために、履修登録科目単位の上限制が導入されており、学習効果の向上及び学習の達成度を高めるための考慮もされています。

▲ページトップへ

▲ページトップへ